しんふぁぶろぐー目標FIREー

3児の父、30代後半からめざせサイドFIRE・セミリタイア生活

MENU

【フリップダウンモニター取付】フリップダウンモニターはクリップで簡単取付可能

f:id:shinfab:20210627114159p:plain

家族で出かける時はヴォクシーを使用しています。

妻は助手席、子供達は後部座席。

長男は大人しくシートベルトをするのですが最近下の子が自分でベルトを外すようになりウォークスルーを通って前列の席に行こうとするのです。

もちろん注意しても聞かず手で来ないようにするのですがさすがにこれは危ないと思い 

対策として後部座席にフリップダウンモニターを設置する事としました。 

ただ、固定方法などに不安がありなかなか手を付けられないと思います。

この記事を読む事で悩みが少しでも解消すると思います。

私は80ヴォクシーオーナーですが大体のミニバンや自動車も同じ方法で取付が参考になると思います。

 

 

  

 

 

 

どれを取り付ける?

もともとヴォクシーにはオプションとしてフリップダウンモニターの設定もあります。

もちろん純正品はかなりの高額。

個人的に調べると約11.5万円ほど費用が掛かります(工賃含まず)

アルパインやカロッツェリア(パイオニア)も本体も高額ですが取り付けキットが必要で本体7万円+1.5万円ほど(工賃含まず)

質を求めれば日本製なのですが価格が決め手となり海外製フリップダウンモニターとなりました。

価格は10分の1程度でしょうか。

なお、専用品ではない為取付方法はこれがベストではない可能性がありますのでご注意下さい

  

 

取り付け前の準備

 

まずバッテリーのマイナスを外します。外し方については割愛します。

シフトレバーがじゃまなので作業しやすい様にシフトロック解除していた方が作業中ストレスを感じないと思います。

 

f:id:shinfab:20191202100942j:plain

 

 

 

まずは オーディオパネルを外します。

上3、下3ツメは6つです。

傷を付けたくない場合は養生テープなどで保護しましょう。

 

f:id:shinfab:20191202100951j:plain

 

 

 

スイッチ廻りもパネル外します。

パネルが大きいとツメの数も多く力が必要なのですが剥がす際に配線がある場合切断しないように注意が必要でしょう。

f:id:shinfab:20191202100959j:plain

 

 

 

映像出力を取りやすい様にしました。

f:id:shinfab:20191202101010j:plain

今乗っているヴォクシーのナビは「nhzd-w62g」という少し古めのナビが装着されています。

まぁ地デジも見れるので十分なのですがSDスロットが音楽のみの再生、映像出力はRCAのみとちょっと難はあります。

 

 

 

 

オーディオ廻りを外すついでに小物入れも外します。最終的にここで余った配線を納める為です。

f:id:shinfab:20191202101022j:plain

 

 

 

 

ナビ廻りから電源を取ると結構ごちゃごちゃするのでエーモンさん商品を使ってヒューズボックスから電源を取り出すと楽です。

f:id:shinfab:20191202101032j:plain

 

ヒューズからの電源取出しもグローブボックスを外した方が楽です。 

f:id:shinfab:20191202101300j:plain

 

 

とりあえず電源を入れて製品の動作確認しましょう。

f:id:shinfab:20191202101042j:plain

 

 

 

取り付けの下準備

取り付け位置を決める為にマーキングをするのですがさすがに天井へ書くのは怖い。

という事で天井へ養生テープを貼りました。

f:id:shinfab:20191202101052j:plain

100均の物を使ったのですが細幅で非常に使いづらい

性格が出ていますね。しわくちゃです(笑)

 幅広のちゃんとした養生テープを使用した方がいいと思います。

 

 

次にセンターラインを出します。

この方法で合っているか分かりませんがたまたま家にあったたこ糸を使用しました。

f:id:shinfab:20191202101155j:plain

 

 

直にマーキングをするのが養生テープの上にマーキング。

マーキングの際にはモニターに同封されている下地の鉄板を利用します。

海外製なので車体側のフレームに合わせるのは至難の業だと思います。

f:id:shinfab:20191202101215j:plain

 

 

固定について

DIYでフリップダウンモニター取り付けをする際に誰もが悩む事だと思いますが

 

モニターの固定方法

 

自分も取り付けに色々と調べたりしてました。

先駆者のやり方だと大まかに5パターンあります。

 

  1. アルパインやカロッツェリアの取り付けキットを利用
  2. クリップやアンカー類を使用しライニングに固定 
  3. 板で土台を作成し天井裏に仕込む
  4. 海外製の同封取付鉄板をフレームへ直でビス止め
  5. インテリアバーを利用しオンダッシュモニターを固定する(フリップダウンというよりもフリップダウン風ですが・・・)

 

 

結果、2のライニングに固定とする方式を採用。

様々な方法で固定している方がいたのですがバインドタッピングというものを使用しました。(これしかホームセンターになかった)

 

f:id:shinfab:20191202101202j:plain

サイズはM4×16 です。(M5もありました)

 

 

 

 

f:id:shinfab:20191202101225j:plain

バインドタッピングの固定はこんな感じで天井をクリップで挟みこんでビスで固定という仕組み。

 

 

 

マーキングした所にカッターで切り込みを入れ、バインドタッピングをねじ込みます。

配線が通る所は少し大きめにあける事になります。

力を入れないと切れないので予定外の所まで切り過ぎに注意しましょう。

f:id:shinfab:20191202101108j:plain

ここまで来るともう後戻りは出来ません。 

 

 

マップランプを外して配線をエスコート

配線はAピラーを通してダッシュボードの中まで引き込みます。 

 

f:id:shinfab:20191202101252j:plain

 

腕が細い方はそのまま作業できるらしいのですが自分はエーモンさんの商品を使いました。 

 

 

f:id:shinfab:20191202101310j:plain

あまった配線は小物入れの所に収納します。

 

 

 



 

取り付け完了

ライニングに取り付けたバインドタッピングを利用して下地の鉄板を取り付け

そしてモニターを取り付けてあとは逆の手順で元に戻して取り付けは完了です。

 

 閉じた状態

f:id:shinfab:20191202130057j:plain

 

 モニターを開いた状態

f:id:shinfab:20191202130104j:plain

12インチは少し大きかった・・・

モニターは角度を付ける事が出来るのですがモニターの角度によってはミラーの1/3ほど上側が隠れます。

ミラー越しの風景が違うので多少違和感を感じますが慣れるかな?

駐車時に邪魔であれば畳めば良いですからね⇒現在はミラー型のドライブレコーダーを使用しデジタルミラーとして使っているので支障ありません。

 

取り付けキットなどを用いてフレームに固定しないと運転中モニターが暴れたりライニンングが下がってくるのでは?と思っていましたがリアエアコン廻りが結構ガッチリ作られているのでそんな事はなさそうです。

取付から3年ほど経ちましたがライニングが下がってくる事は一切ありません。

ただモニターが12インチで重量があるせいか段差通過時に少し揺れる位です。

 

と簡単に書いてきましたがなんだかんだこの作業、3時間ほど時間が掛かっています(不慣れなせいかもしれませんが)

基本車内での作業なので作業時期は涼しい・寒い季節がおすすめ、時間帯は朝方からの作業であれば不測の事態にも対応出来るかと思いました。

 

 

夜間での見た目

夜だとこんな感じです。

f:id:shinfab:20191202101335j:plain



ちなみに本製品にはオートディマー機能(屋外の明るさによって明暗を調整する機能)がありません。

f:id:shinfab:20191202101323j:plain

なので初期出荷の状態だとめっちゃ眩しい 。

これじゃ子供達の目も疲れます。

モニターの各種設定があるので明るさ調整必須ですね。

 

 

f:id:shinfab:20191202101330j:plain

ルームライトやドア連動のLEDも内蔵されていますが存在感がありすぎて消してます。 

 

 

今後の対策

中国製モニターにはよくあるらしいのですがモニターに電源が入ると地デジの感度がガクっと下がります。

ワンセグでも安定しないです。

f:id:shinfab:20191202101341j:plain

教育番組を見る事が多いはずなのでテレビの映りが安定しないのは正直辛い。

今後はノイズ対策が必要になりそうですね。

最悪は配線を迂回させてひき直しかなと考えています。

 

という事でとりあえず作業は終わり。

なんとか形になりました。

フリップダウンモニターの取り付けを検討している方のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

これで子供達も車内で退屈しなくなるかな~

 

 

2021/6/27加筆修正

個人情報の保護について

「https://www.shinfab.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年1月14日