30代サラリーマン節約ブログ

貯蓄、節約、子育てに奮闘するサラリーマンブログ

MENU

バランスよく栄養を摂る為に勉強中

早く帰ってきて欲しい

 

と毎日妻から言われる今日この頃、お元気ですか?  

こんにちは、子育中節約サラリーマンのしんふぁぶです。

現在、2児の父親やっていて 12月には第3子が産まれる予定です。

なるべく早く帰宅するようにしています。 

理由は大体分かります。 

 

 

何もやってない。作って

 

もともと朝食は毎日、土日は3食。夕食は週の半分ほど自分が担当してましたが

妻の具合も関係してだんだんと割合も多くなってきました。

 

 

 

 

 

f:id:shinfab:20190713104232p:plain

 

 

 

 

妊婦に不足がちな栄養素

妻は症状が重く出るタイプらしくまだ出産までまだ先なのですが日頃の生活もしんどいようで 食事もあまり食べなくなっている気がします。

 

仕事から帰宅後作るので食事をするのがどうしても遅くなりがちなのです(8時前とかになります)

ホットクックを利用できればだいぶ変わってくるかもしれませんが

家族のご飯を作る上で心配になってくる事がありまして、簡素なもの

*1になりがちなのでちゃんと妻が栄養を取れているかという事。

 

 

 

特に

葉酸鉄分カルシウム

は不足しがち

 

 

葉酸は水に溶けやすいビタミンBの一種。

胎児の成長には欠かせません。

神経管閉鎖障害のリスクが減る事もあるようです。

葉酸はほうれん草など葉野菜に含まれます。

レバーが特に豊富です。

 

 

鉄分は赤ちゃんの血液を作る栄養素。

推奨摂取量1日:27mg

レバー・貝類・赤身の肉・魚・海藻類など

 

 

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を作る栄養素。

推奨摂取量1日:1000mg

えび・にぼし・ひじき・えんどう豆など

 

 

 

 

 

なお、生物は出来るだけ避けた方が良いとの事。

水銀を多く含む魚も避けるべきで

必要な栄養素であっても過剰摂取も良くないらしい。

 

 

 

 

葉酸と鉄分、どちらも摂れる食材にレバーがあるのですがレバニラを作ろうと思ったら

まさかの妻がレバー嫌い

 

サプリを購入したりしてます。

 

 

f:id:shinfab:20190727091711j:plain

 

でもサプリに頼りすぎるのも嫌なので鉄分はひじきが多く含まれるので食べる機会を増やしたいですね。(100gあたり55mg)

しかもひじきにはカルシウムが多いので一石二鳥です。(100gあたり1400mg)

 

 

 

ついつい購入してしまう物

好き嫌い・食わず嫌いも多い妻。

なのでこういった飲料を中心に購入する事が多いです。

 

 

f:id:shinfab:20190731100207j:plain

f:id:shinfab:20190713103913j:plain




 

サプリを購入していますがやはり先に述べた葉酸鉄分カルシウムという単語があるとつい・・・ね。

あとカフェインレス という単語にも反応してしまいます。

 

 

飲み物だけじゃいけない

まぁこんだけの量、普通飲まないし加えてカロリーが気になります。

上2人が産まれる時はだいぶ実家にサポート・頼っていたのですが最近は色々実家の情もあってなかなか頼る事も難しいのでカロリー計算を確認しながら復習中です。

  

 

www.eiyoukeisan.com


 

 

 

副菜で品数を増やしてバランス良く取りたいですね

*1:こんな感じですf:id:shinfab:20190803110522j:plain

個人情報の保護について

「https://www.shinfab.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年1月14日