30代サラリーマン節約ブログ

貯蓄、節約、子育てに奮闘するサラリーマンブログ

MENU

息子、娘と出会って子育てに対する気持ちが変わった気がする

自分で言うのもアレですが息子はお母さん子、娘はお父さん子なのかなと思います。

こんばんわ、節約主夫サラリーマンのしんふぁぶです。

 

 

 

 

帰ってくるとまず娘が玄関までお出迎え。

ドアの開ける音で分かるらしく走ってきて必ずハグをしてくれます。

ここからずっと

トイレに行く時も入ってくるしベランダで物を干していても付いてくる。

お風呂に入ってると服を脱いで入ってくる(先にお風呂済ませていても一緒に入りたがります)

寝る時はお腹の上に登って寝るという感じ。

 

 

夕食の支度中もくっ付いてきます。

最近は踏み台を使う事を覚えているので自分が取りたいものがあると持ってきます。

 

 

 

 

お手伝いが大好きな娘 

冷蔵庫の中をガサゴソ・・・

下段が野菜室と飲み物入れがあるので毎回一通り出されます。

あとは食材を流し台につっこんでいきます。

 

本人はお手伝いのつもりでしょうか

 

自分の仕事はやり終えた

 

と満足気に冷蔵庫の前でポーズを決めています。
f:id:shinfab:20190704100832j:image

 

火元は危ないのでお兄ちゃんとテレビ でも観ておいでと行かせます。

 

夕食を準備中、静かだなーと様子を見に行くと・・・・

 

 

 

やっちゃってました

f:id:shinfab:20190704100853j:image

 

 

 

娘が妻のリップを塗っていました。

口をとがらせてその表情は真剣そのもの。(スタンプ外してますが分かりにくいですね・・・)

そうなのです1歳と言っても化粧ポーチをあけられるのです。

そしてなぜかレモンティーが出されてる・・・。

とりあえずこれがカミソリ等じゃなくてホッとしました。口はふきふき。 

子供用じゃないので触れないように高い場所に置かないとなぁ

 

 

 

 

ちょっと前まで赤ちゃんだったのにこういう事に興味を持ちはじめて少しずつ女の子になっていると実感。

息子も可愛いのですがやっぱり男の子と女の子では可愛さのポイントが違いますね。

 

 

子供が成長した分親も成長できる

息子はウーマクー(わんぱく)、娘はおてんばで今まで物を壊されたり無くされたりと結構あるのですが失敗してもカリカリしない事って大事だなと思うようになってきました。

息子が産まれた時は自分には本当に余裕が無くて結構ボロボロだったのですが

最近は「汚されたら片付ければ良い」「壊されたら諦める&また買えば良い(怪我をしないだけ良し)」

でも危ない事、人として良くない事は子供達に真剣に向き合うよう心がけてます。

「なんくるないさー」ではないけどゆとりを持って子育てする気持ちが自分には合っているのかもしれませんね。

 

 

もしかしてパパとして少しレベルアップしてるかも?

個人情報の保護について

「https://www.shinfab.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年1月14日