30代サラリーマン節約ブログ

貯蓄、節約、子育てに奮闘するサラリーマンブログ

MENU

親が突然離婚したら

いつにも珍しく妻が長電話、なんだかトーンも低いし何事かと

その間家の事を済ませていると電話を終えた妻から一言。

 

両親が離婚した

 

突然でした。 

妻とは話し合っていますがなんだかモヤモヤ~とするのでフェイクも織り交ぜつつ吐き出したいと思うので独り言と思ってください。

 

 

 

離婚時期と理由

すでに3週間経っているらしい。

義理父はいわゆる昭和タイプ、亭主関白 。

義理母の不満は長年積もり積もっていたらしいけど義理父が酔った勢いで発した言葉に母の方が爆発したっぽい(内容までは不明)

2人とも還暦を過ぎているし、GW期間中1度行った時にはそんな感じなかったのになぁ・・・。

 

 

離婚前に妻(子供)には何も相談もなかったのかと思ったけど

妻は妊娠中という事で義理母と義理兄弟が気を遣って伏せていたようです。

が、たまたま実家に電話した時に知ったと言う経緯。

熟年離婚なんて言葉はありますが身近ではあまりいなかったので個人的には結構衝撃でした。 

 

義理息子としては複雑

義理父も悪い人ではないし、義理母も明るい人。

どちらも孫(うちの子供達)にはとても良くしてくれるし可愛がってくれる。

自分としてはどちらも嫌いではないのでどちらの味方でもないつもり。

ただ、義理父に妻への感謝の気持ち、労いの言葉が少しでもあればこうはならなかっただろうなぁと思う。

 

 

 f:id:shinfab:20190701200013p:plain

 

今後の孫との関係

何も言える立場じゃないけど孫達はそうはいかない。

妻は義理母派なので義理父も妻も感情的になって今後『義理父には孫を会わせない』なんて話になって孫の成長を見せられないと思うとなんだか義理父には悪いなと思う気持ちはあります。 

 

どちらか一方にだけ会う事、どちらか一方には会う機会すら与えない・・・そういう風にはしたくないと思いつつも

お祝い事など顔を会わせる機会を避ける為どちらを呼ぶのか等、今後どう付き合っていくのか悩む部分はあります。

 

 

 

 

一緒に住む?

義理父は妻と妻の兄弟に『一緒に住みたい』と言っているみたい。

病気などで要介護ならまだ理解できるんだけど、このタイミングだと単に家の事が出来ないからなのかなぁと思ってしまう。

正直な気持ち、こればっかりは元気なうちは1人で頑張って欲しい。

食事面など準備や出費も増えるし、なにより同居するスペースも足りないし気も遣うだろう。

別に義理父が嫌いとかではないのだけど一緒に住むとしんどく感じてお互い良い形にはならないと思う。

後々は兄弟で支援して訪問介護などは利用する形に落ち着けば良いのだけど・・・。

 

 

女性は強いなって思う

一方、義理母の方は離婚後即アパートを借り、新たに仕事も始めて自立していた。

還暦を越えているのにこの行動力、正直凄いと思う。

出て行く側なので一時的に子供の所にお世話になるという選択肢もあったはずなのに改めて強い女性なのだなと思った。

義理母は『子供も巣立ったし、残りの人生は自分の為に生きます』と結構元気らしい。

 

 

 

まとめ

父の方が昭和の考え方なのでもう変えられないかもしれないけど

奥さんは家政婦じゃないし母親でもないし仕方ないかなぁと思う。

義理父を責める訳じゃないけど義理母の自分の幸せや生き方を尊重する考えも理解できたと思うのでした。

 

今後については義理母は大丈夫でしょう。義理父は仕事や趣味など生きる目的でも見つけて欲しいですね。

 

 

 

今日の心がけ

パートナーは大事にしましょう

 

自分も気をつけようと思うのでした

個人情報の保護について

「https://www.shinfab.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年1月14日