30代サラリーマン節約ブログ

貯蓄、節約、子育てに奮闘するサラリーマンブログ

MENU

【台湾旅行】~十份、九份、台北101~

台湾旅行について何度か書いているのですが

気付けば前回の更新からかなり時間が経っていました。 

 

こんばんわ、しんふぁぶです。

 

という事で今日も書いていこうと思います。

 


  

 

 

 十份(シェーフェン)へ

 

ローカル列車で平渓線に乗るのですが

待ち時間の間散策してきました。

 

  

 

f:id:shinfab:20190430175327j:plain

 

部下がいるのに歳下という事もあって記念撮影用の社旗を持たされるという罰ゲーム

大役での参加です。 

 

 

ちなみにこの橋ですがそれなりの大きさがあります。

f:id:shinfab:20190430175337j:plain

うん、なんて書いてるかわからない(笑)

 

 

 

一応、吊り橋も渡ってみました。

f:id:shinfab:20190430175346j:plain

が、渡った先には特に何もありませんでした。 

 

うろうろしてると郵便ポストを発見。

 郵便ポストの形を見ると日本のなごりが感じられます。

f:id:shinfab:20190430184941j:plain

 

 

乗車した電車。

f:id:shinfab:20190430175356j:plain

ここから電車で移動します。

 

 

 

十份(シェーフェン)

 

到着。

f:id:shinfab:20190430185520j:plain

 

線路沿いには多くの露店が並んでいました。

十份(シェーフェン)ではランタン(天燈)飛ばしが体験出来ます。

 

ディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』のワンシーンにあるアレです。

行く前は少しわくわくしてました。

 

f:id:shinfab:20190501161103j:plain

 

しかし、甘かった

 

f:id:shinfab:20190430184914j:plain

女子社員が別班の為、

おっさんだけでやる事に(泣)

しかも昼間、雰囲気無いです(笑) 

 

 

 

 

ちゃんと見たい方は

「平渓天燈祭」の時期に合わせて行くべきでしょう

 

 

ランタンに願い事を書くのですが・・・

店のおっちゃんが「早く書け、早く書け」とせかすのでなんかモヤモヤ~と体験は終わりました。

 

ちなみに十份は山の中にあるのですが帰路の道中ランタンが落ちて木に引っかかっていたり結構見掛けましたので環境的にはどうなんでしょうね…。

 

 

 

九份(ジュウフェン)

観光バスでは途中までしか行けないので路上バスで行くのですが

まぁ運転が荒いです。

 

行きは登りだから良かったけど帰りはダウンヒルで運転席まで乗客が乗っている状態(満員電車を想像してください)でフロントガラスに背を預ける形で乗る事になり正直怖かった(笑)

交通ルールなど日本の常識が通じないと思ったのは初めて。

 

九份到着。

f:id:shinfab:20190430185050j:plain

 

 

 

この時からだんだんと雲行きが怪しかった。

霧に覆われている状態でしたが雨もパラパラと降ってきました。

f:id:shinfab:20190430185556j:plain

 

 

 

f:id:shinfab:20190430185622j:plain

 

 

 

 

f:id:shinfab:20190430185548j:plain

こういう街並みを見ると香港映画を連想しますね。

 

 

 

九份は道幅が狭く階段が多いので散策も苦労します。

f:id:shinfab:20190430180635j:plain

 

 

 

しかしどこを歩いても凄い人の多さ。

f:id:shinfab:20190430180625j:plain

 

 

f:id:shinfab:20190502130705j:plain

 

f:id:shinfab:20190502130703j:plain

 

 

f:id:shinfab:20190430180617j:plain

上がったり下がったりを繰り返す地形、流れで歩く事になるので時々方向感覚を失いそうになります。

どこへ行っても土産屋みたいな所ばかりだったので戻る事にしました。

 

 

 道中こんな看板がありましたよ

f:id:shinfab:20190430190017j:plain

 思いっきり日本語というのがなんとも怪しく感じます。

 

 

 

 

f:id:shinfab:20190430175406j:plain

一応、撮影ポイントとされる所で撮って貰いました。 

 

ネットでは『千と千尋の神隠し』のモデルという紹介も見受けられるのですが宮崎駿監督はモデルでは無いと答えているそうです。

しかし現地でのアピールはなかなか盛大的でした。

 

まぁ、実際行ってみて感じたのは温泉やお風呂の要素も感じられる場所では無いし、お土産屋ばかりなので個人的には映画の雰囲気とは違うような気がします。土産屋ばかりなのでリピーターはいるのかな・・・・。

ただ、増築増築で出来たであろうこの街の雰囲気は独特なので『千と千尋の神隠し』を抜きにアピールしても良いと思うのでした。

 

 

昼食はこんな感じ

f:id:shinfab:20190502125853j:plain

 

 

 

 

f:id:shinfab:20190430190039j:plain

雨宿りをしつつちょっと休憩。 

 

 

 

台北101

夜は台北101に行ってきました。

よく花火で凄い事になっている映像を見るあのビルです。

 

2004年に世界一の超高層建築物になっています(今はドバイのビルに記録を抜かれています)

高さは509.2m

設計は違いますが施工は日本の熊谷組だそうです。

f:id:shinfab:20190429190717j:plain

真下からは全体が写りません。 

 

 

上部はこんな感じ

f:id:shinfab:20190501160839j:plain



 

 内部も凄くてよく分からないのですが(オイ)凄い造りになっていました。

f:id:shinfab:20190429190742j:plain

 

f:id:shinfab:20190430185649j:plain

 

 

TMD(チューンドマスダンパー)

f:id:shinfab:20190429190700j:plain

沖縄と同じで台風が多く影響する台湾。

101の制振構造 も見る事が出来ました。重さは660tだそうです。

 

 

 

 

f:id:shinfab:20190430180658j:plain

とりあえず1枚

 

 

 

台北の夜景も見れました~

f:id:shinfab:20190430185104j:plain

 

 

f:id:shinfab:20190501160916j:plain

 

 

390m地点

382.2m(89階)までは東芝製のエレベーターに乗って39秒で上がれます。

f:id:shinfab:20190430180645j:plain

 

f:id:shinfab:20190502130820j:plain


 

 

 

 

 この日の夕食は北京料理という事でダックが出てきました。

f:id:shinfab:20190430185029j:plain

おかゆ文化なので仕方ないのですが連日3食中華なのでそろそろ白米が恋しくなるんですよね・・・

 

 

~帰路~

ホロホロ歩き回って終了。

f:id:shinfab:20190430185045j:plain

日中の歩きで疲れたのでコンビニ寄って帰りました。

 

過去の記事はこちら

1回目

www.shinfab.work

 

2回目

www.shinfab.work

個人情報の保護について

「https://www.shinfab.work」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年1月14日